賞状と表彰状の名門ブランド【タカ印公式】証書専門の印刷通販サイトです

06-6261-2808 営業時間:平日10-12時 13-16時


【賞状印刷】イベント成績優秀者に贈る文例一覧

イベント賞状は、イベントで優勝したり、上位入賞した人に贈られる賞状です。イベント賞状には、イベント名や部門名、受賞者名、受賞理由などが記載されます。

イベント賞状の文例

文例1

イベント賞状

賞状
敢闘賞
山田一郎殿
右の者は東日本地区文学コンクール大会において
頭書の通り優秀な成績を収められましたので
これを賞します
令和五年三月三十一日
ササガワ大会
会長 笹川太郎
※本文は後で変更が可能です

この文例を選択する

文例2

イベント賞状

賞状
優勝
山田チーム殿
あなた方は第三十三回西日本テニス競技会にて
素晴らしい戦いぶりを発揮し見事優勝されました
よってここに記念品を授与し
賞します
令和五年三月三十一日
ササガワテニス競技会
大会委員長 笹川太郎
※本文は後で変更が可能です

この文例を選択する

文例3

イベント用賞状

賞状
優秀賞
山田一郎殿
あなたの作品は第三十三回ものづくりフェアに於いて
頭書の成績を収められました
よってその成績をたたえ
今後のより一層の活躍を期待しこれを賞します
令和五年三月三十一日
ササガワ実行委員会
会長 笹川太郎
※本文は後で変更が可能です

この文例を選択する

文例4

イベント用賞状

賞状
優勝
三年三組殿
あなた方は笹川高等学校学園祭において
優秀な作品を出品されました
よってこれを賞します
令和五年三月三十一日
ササガワ高等学校 
校長 笹川太郎
※本文は後で変更が可能です

この文例を選択する

賞状の用途から選ぶ

タカ印賞状印刷

「名誉が色褪せない最高峰の1枚を受賞者へ」

私たちは、賞状とは心温まる瞬間や、人々の努力と成果、喜びや感謝の気持ちをカタチにしたものと信じています。

それぞれの賞状には、一つ一つの背景、物語、そして無数の想いが込められています。

長年にわたって賞状に携わってきたササガワが、授与側となる組織団体・大会運営主催者と、受賞者の双方にとっての最高の1枚をご提供したい気持ちを込めて、お客様へお届けいたします。

タカ印賞状印刷7つの強み

01歴史と実績

当店の運営会社である株式会社ササガワは、明治27年(1894年)創業の老舗の会社です。賞状用紙や熨斗紙の製造メーカーとしてブランド「タカ印」の愛称で長きにわたって全国の沢山のお客様にご愛顧いただいております。

伝統技術を継承する職人

賞状用紙の取り扱い数量は直近の10年間だけで、1億3千万枚以上の製造販売の実績があります。職人達はその歴史と信用に恥じないように、先人達より受け継いできた技法を現代に継承し、日々技術を進化させてきました。こだわり抜いたきめ細かな美しいデザインと上質な紙が至高の賞状として、受賞者様の栄誉と贈呈者様の品格をより高みへと引き上げることをお約束します。

美しいデザインと上質な紙で作られた至高の賞状

当店の賞状印刷用紙は全て「箔押加工を施した用紙」です。箔押加工の用紙は光の当たり方や見る方向・角度によって、輝きや色合いが変化し、様々な表情を見せます。それが、箔押賞状の魅力の一つでもあります。確かな品質で至高の域に到達した賞状を是非とも手に取ってお確かめください。


02賞状に精通したスタッフが対応

長年にわたって賞状用紙の製造に携わってきたササガワの専門スタッフが、1枚ずつ丁寧に対応させていただきます。賞状は個人・会社・組織・団体が授与する栄誉・名誉の証です。ご発注担当者様のご不安・お悩みがございましたら、ご遠慮なくお問合せください。最高の1枚をご提供できるように、スタッフ一同お応えさせていただきます。

賞状に精通したスタッフ

表現や慣例をよく理解したスタッフが、ご注文いただいた文章文面の確認チェックを行い、細かな点のお手直しをいたします。原稿校正では、改行や文字揃え等の特有ルールを踏まえて、賞状・表彰状・感謝状・証書として最も綺麗で美しい見栄えとなるように心掛けてレイアウトいたします。

校了前まで何度も修正

ご注文日の翌営業日には、ご確認用の校正原稿をPDFでご案内する流れとなります。校了前であれば何度でも修正・手直しをいたします。勝手に印刷作業やご発送へ進めたりしませんので、ご安心ください。(※文章文面の一からの作成は承っておりません。再校正はレイアウト修正の範囲内での対応となります。)


03特殊なレイアウトもお任せ

「受賞者の連名表記」「授与者の連名表記」「本文背面ロゴ入れ」は、お承りいたします。また、当サイトに文例や見本を掲載していない特殊なレイアウトをお考えの場合、ご遠慮なくお問合せください。

受賞者連名賞状

「受賞者の連名表記」とは、スポーツ競技の団体種目やチーム研究での発表表彰に於いて、団体名やチーム名だけで無く、個々のお名前を連名記載する受賞者名入れ方法です。「授与者の連名表記」とは、授与される方のご署名を2名~3名の連名でお入れする形です。落款入れをご依頼いただける場合、落款代は1個分の料金にてお承りいたします。

本文背面ロゴ入れサービス

「本文背面ロゴ入れ」とは、ロゴやエンブレムを本文の背面に少し大きめのサイズで薄い色でお入れする方法です。通常のロゴ入れ料金にて、お承りいたします。(※ロゴによってはご対応できない場合がございます。)


04賞状専用6書体からご選択可能

ご注文に際しては、賞状専用の6書体「昭和楷書」「朱雀」「昇龍」「栄泉楷行書」「雲龍」「闘龍」からお選びいただけます。読みやすい楷書体から筆書き風や趣きのある崩した字体まで、幅広くご用意しております。品位や格調が求められる賞状、表彰状、感謝状、証書にぴったりで視認性の良い美しい書体を厳選しました。商品(文例)ページの「2.文字フォント」からお選びいただけます。

賞状に適したフォント

・昭和楷書
自然な温かみや柔らかさを持つ書体です。

・朱雀
正楷書に近いスリムな印象を与える書体です。

・昇龍
正楷書に近い毛筆の書体です。

賞状に適したフォント

・栄泉楷行書
楷書と崩した文字である行書の中間の書体です。

・雲龍
柔らかい曲線を活かした書体です。

・闘龍
堂々とした力強さと躍動感のある書体です。


05当店でしか手に入らない特別品

当店のみの限定品として「4色カラー鳳凰デザイン」「幻獣・霊獣デザイン」の用紙をご用意しました。授与年度や賞の違いを色で明確にする(カラー鳳凰)用途や、賞の内容中身と伝承加護を合わせる用途(幻獣霊獣)でお使いください。商品(文例)ページの「1.用紙」からお選びいただけます。

WEB限定の鳳凰カラー賞状

鳳凰のカラー4色「雪原を思わせるようなシルバー色の白銀(はくぎん)」「ほのかな朱色が温かさを感じさせる赤銅(あかがね)」「力強さと優しさで包み込む翡翠(ひすい)」「古来より高貴な色として重宝されてきた藍紫(あいむらさき)」はウェブ限定品です。鳳凰デザインは、従来から人気の「金色(こんじき)」と合わせた5色からお選びいただけます。

新たな賞状枠を使用したオリジナル賞状

これまでに無い新しいデザインとして、「鳳凰」以外の四霊「霊亀」「応龍」「麒麟」、四神「朱雀」「青龍」「玄武」「白虎」、幻獣「ユニコーン」、日本神話「龍神」をラインナップしました。賞の内容や中身と、それぞれの伝承加護となる「長寿」「安全」「恵み」「発展」「幸運」「威厳」「繁栄」「招福」等々を合わせていただくことで、賞の価値が更に高まります。


06確かな品質

賞状の原材料となる紙は年月の経過により劣化しますが、当店の賞状は豊富な知識と経験を基に、特別なオリジナル調整の黄ばみにくい紙からお作りしています。当店ではお客様のご使用環境(受賞者が保管される状態)での経年劣化を想定して研究施設での試験を行い、その際の試料を使ってモニター調査を実施しました。

耐光・耐温度湿度劣化試験をクリア

大阪産業技術研究所の施設内の設備を使用して「耐光」「耐温度湿度」の劣化試験を2022年10月に行いました。

消費者モニターイベントでのアンケートを実施

アンケート調査は、大阪産業創造館が実施する「消費者モニターイベント」(2022年11月29日開催)に出展し、大阪産業技術研究所での試験検証の結果試料を使用して、来場モニター200名に対して行いました。


07安心の印刷と検品

箔押加工を施して描いた枠デザイン(鳳凰等)の用紙に、本文文章・落款・ロゴマーク・サイン署名等をオンデマンドプリンター機で印刷いたします。

箔押加工を施した用紙は表面に箔を塗布して作られているため用紙に厚みがあり、デザイン模様に沿って凹凸が存在します。当店の印刷作業は賞状向け専用の調整を行ったプリンター機で印刷しますので、綺麗で見栄えの良い美しい仕上りとなります。また、その後の検品にてキズ・色むら・汚れが見つかった場合は、刷り直しをしています。

ご注文の流れ

ご注文から最短3営業日で発送

※1 校正とは、文章に誤字や脱字、表記のゆれ、不統一を確認して正しく修正することを指します。
※2 校了とは、お客様から原稿に対してこれ以上の修正の必要がないと承認いただき、そのまま印刷工程に移っても問題のない状態になることです。